求人情報を使うコツ WBC2013 日本×オーストラリア 壮行試合 | WBC2013・試合結果・速報・試合日程・チケット情報

WBC2013 日本×オーストラリア 壮行試合の記事一覧

WBC2013 オーストラリア代表メンバー一覧

【3月2日(土)よる6時30分 】日本×ブラジル

→WBC2013 ブラジル代表戦力分析

【3月3日(日)よる6時30分 】日本×中国

→WBC2013 中国代表戦力分析

【3月6日(水)よる6時30分 】日本-キューバ

→WBC2013 キューバ代表戦力分析

【2月23日(土)よる6時30分~】日本×オーストラリア 壮行試合 
’13 WORLD BASEBALL CLASSIC|テレビ朝日

相川の逆転3ラン!2013 WBC壮行試合 日本vs オーストラシア

【2月24日(日)よる6時30分〜】日本×オーストラリア 壮行試合
2013ワールドベースボールクラシックTM|TBSテレビ

【解説】:桑田真澄 佐々木主浩
【実況】:初田啓介(TBSアナウンサー)
【リポーター】:林正浩(TBSアナウンサー) 戸崎貴広(TBSアナウンサー)

WBC2013 日本×オーストラリア 壮行試合

【戦力分析】オーストラリア代表

オーストラリアのメンバーには、8人の元大リーガーを含み、2つのオリンピック銀メダリストであるライアン·ローランド·スミス、ピーターモイラン、ルーク·ヒューズとクリス・オクスピングを擁する布陣になっている。

また、

国際大会で経験豊富なシニアオーストラリアの選手として知られているジャスティン·ヒューバー、ブラッド·トーマス、クリス·スネリングと兄弟マットとティム·ケネリーがいる。

チームオーストラリアマネージャー、ジョンDeebleは、オーストラリアの才能に自信を持っており、一貫してオーストラリアの出来がリーグの台風の目になると言っている。

残念ながらオーストラリアは、現在のメジャーリーガーのグラント・バルフォアとトラビス・ブラックリー、オークランド·アスレチックスとの両投手が、大会には参戦しません。

最近では、オーストラリアは、2011年IBAF野球ワールドカップで5位に入賞。

【WBC2013 オーストラリア代表メンバー一覧】

投手
・アダム・ブライト(メルボルン・エーシズ)
・ティム・ケネリー(フィラデルフィア・フィリーズ)
・スティーブン・ケント(キャンベラ・キャバルリー)
・ピーター・モイラン(ロサンゼルス・ドジャース)
・クリス・オクスプリング(シドニー・ブルーソックス)
・ライアン・ローランド=スミス(シカゴ・カブス)
・アンドリュー・ラッセル(アトランタ・ブレーブス)
・ドゥシャン・ルジック(アデレード・バイト)
・ワーウィック・サウポルド(デトロイト・タイガース)
・ライアン・シーリー(シカゴ・カブス)
・クレイトン・タナー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)
・ブラッド・トーマス(兄弟エレファンツ)
・マット・ウィリアムス(シドニー・ブルーソックス)
・ブレンダン・ワイズ(ミネソタ・ツインズ)

捕手
・アラン・デサンミゲル(ボルティモア・オリオールズ)
・マット・ケネリー(アトランタ・ブレーブス)

内野手
・ジェームズ・ベレスフォード(ミネソタ・ツインズ)
・ジョシュ・デービス(メルボルン・エーシズ)
・ブラッド・ハーマン(メルボルン・エーシズ)
・ルーク・ヒューズ(ニューヨーク・メッツ)
・マイク・ウォーカー(ミルウォーキー・ブルワーズ)
・ステファン・ウェルチ(ピッツバーグ・パイレーツ)

外野手
・コリー・アダムソン(サンディエゴ・パドレス)
・ミッチ・デニング(シドニー・ブルーソックス)
・ジャスティン・ヒューバー(シドニー・ブルーソックス)
・デビッド・カンディラス(カンザスシティ・ロイヤルズ)
・ジョシュ・ロバーツ(ブリズベン・バンディッツ)
・クリス・スネリング(シドニー・ブルーソックス)

引用元:http://www.mister-baseball.com/australias-world-baseball-classic-provisional-roster/

WBC2013 オーストラリア代表メンバー一覧, WBC2013 日本×オーストラリア 壮行試合